<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

福山雅子のガラス絵の世界

私は油絵絵描きが主流ですが、2000年頃よりガラス絵に魅せられて描き始めました。
当時、公募団体である新槐樹社展に襖より大きな100号を描いていましたので、ガラス絵の小さな世界や、思いをすぐ画きとめられるとか、その手軽さ・コンパクトさが便利だったのかも?
きっかけは、前田見知子さんのガラス絵の個展を見て憧れ、すぐさま要点だけお尋ねして後は自己流でやり始めました。ガラス絵をしている人は当時少なくて、絵の具に亀裂が入ったり、絵の具の繋ぎ目に隙間が生じたりで、画材屋さんに尋ねるとか試行錯誤していました。
ガラス絵は透明なガラスの裏側から直接絵の具で描いていくので、水彩画油彩画とは全く逆の手順で進めます。例えば顔でいうと、目・口・鼻先(動物の場合)を先に描き、髪の毛、肌をぬるといった具合。裏返しのサインも一番先に書きます。これを良く忘れます。舞妓さんの時は、下図を置いて描きますが、左右逆に仕上がりますので花簪や着物の打ち合わせに注意!。また、着物も描いてから肌色をぬります。
風景で塔が逆になると困るときは、スケッチしたものをトレッシングペーパーにかきうつして裏向けたものを下図にします。又はガラスの上から水彩でスケッチしておいて描いてもいいですよ。
ガラス絵を始めてから又人脈や画友が増え、小品で買いやすいこともありフアンも増えました。
山口ももりさんもガラス絵をしておられる展覧会に出くわしたりもしました。中川吉史さんには、近江八幡の白雲楼で出会い、一枚購入しました。(2001年5月)
画材や題材は人それぞれで、描き方も異なるので、その人独自の世界観が表現しやすい様に思います。この10数年間に描いた作品を発表します。ただし、お買い上げ頂いたものや、差し上げてしまって今はもう手元に無いものも、写真にとり損ねたものもあります。
それでは、ガラスにペタンとくっついた絵の具とガラスの輝きとが相まって出来る不思議な福山雅子のガラス絵をお楽しみ下さいね。
ガラス絵の展覧会は2004年にギャラリーカトで。2006年collabo喫茶で展示。毎年は よしの会で、新作を発表!
よしの会   滋賀県近江八幡  ギャラリー酒游館にて  20012年5月3・4・5・日
もうすぐです。入場無料です。スケッチがてら是非お越しください。
            
e0253267_16291114.jpg
いちご
e0253267_16303251.jpg
いねむりねこ
e0253267_16313187.jpg
初秋の西湖
e0253267_1632209.jpg
大きな木のある家
e0253267_16325415.jpg
六月の八幡堀
e0253267_16333687.jpg
梅花匂う八幡堀
e0253267_1634948.jpg
福島の花見山
e0253267_1635252.jpg
親子ぺんぎん
e0253267_16361556.jpg
ひまわり
e0253267_16372770.jpg
アオアシカツオ鳥
e0253267_16381366.jpg
海の見えるひまわり畑
e0253267_16384284.jpg
ワンちゃん
e0253267_16391984.jpg
ポピー
e0253267_7542479.jpg
アネモネの花B
e0253267_7564919.jpg
ペルシャ猫
e0253267_7581369.jpg
いちごの詩
e0253267_7584293.jpg
北海野うさぎ耳のお手入れ
e0253267_759532.jpg
親子鹿の春
e0253267_759396.jpg
リスのお食事
e0253267_801346.jpg
恋するさくらんぼ
[PR]
by kyo_ekaki | 2012-04-29 16:57

赤井良子展・燁展・新美展他ギャラリー観てある記

今日は地下鉄沿線のギャラリー3ヶ所なので、地下鉄1dayチケットを購入。お気に入りの春らしいイエローシャーベットトーンの上着のポケットに入れてお出かけ!(これが後ほど大変なことに!)
まずは「東山」下車 京都市美術館の新美展です。
今年1月に富士旅行した仲間の多くが出品している会です。
松田高治先生は「原発0」をめざし、油彩と立体で表現されていました。2月にインド旅行された仲間達の展示もありました。
真のアンデパンダンを目指して結成されて、20周年ですって!
今年のテーマは、「京にいきる・再発見」だそうで、京の街中や町家などの風景画もあり、舞妓のバックに風景を取り入れたいなと思っている私にはとても参考になりました。
ついでにギャラリー青い風・博宝堂の2Fギャラリーも観て次は、
葵小学校・下鴨中学校で同級生の「赤井良子展」を観に「烏丸御池」下車 京都文化博物館5F迄。
彼女は、京都学芸大のころより京展・二科展に出品し数々の賞を獲得されていたとか。
彼女の生家は京都府立植物園のすぐ近くで、丸いドームの中の珍しい亜熱帯植物をよくスケッチに行かれたそうで終始一貫して「花」が主役!
私が絵を始めた1985年には、すでに20数年を経過活動されていました。
2008年4月に45年画業の集大成として、この文博で5Fを全部借り切り展覧、カラフルで圧巻でした。
今回は青シリーズ。この4年で描き溜めたもので2室に展覧。受付には優しそうでジェントルマンな
ご主人がおられ、私は初お目見えです。このご主人の後押しがあってこそ、心豊かな花の絵が描き続けられるんだと思いました。
近年、実のお母様を長年の介護の末亡くされ子供達も巣立ってお孫さんも居られます。
次は何色の時代!になるのかしら?期待しちゃいます。
「赤い良子展」30日(月)まで。入場無料!すぐ行ってQ!
今日は暑くて上着をぬいで手に持っていた為、ポケットに入れた1dayカードを落としてしまい、
示現会の私の最も尊敬する大先輩の車に乗せていただき、移動。ところが私、大失敗!。
助手席にいた私がシートベルトをして無かった為に、関門に引っかかり「1点減点、3ヶ月何も無ければ自然消滅!」とおまわりさん。反則金はありませんでしたが、ショック!ショック!
先生は「気にしなくていいのよ!3ヶ月大人しくしているから!」と言って下さいましたが「本当にごめんなさい」。
気を取り直して、ギャラリーカトの「よう展」へ
この会には、私主宰の21世紀展会員の中西百合子・上杉綾子さんの他 示現会の大先輩の亀岡教室
の生徒さんたちもメンバーだそうです。
それぞれの絵が個性的で長年絵描きを続けておられるだけに安心して見れる力作揃いでした。
今年24回目です。4月29日(日)5時まで
近くのギャリエヤマシタで東郷正二郎・鷺宮彬の2人展をみて地下鉄で帰途に。
家の近くのスーパーで好物のカツオのお造りを買い、私の教室生が育てたという筍のたいたんと共にグイッと一杯戴きました。
アクシデントが2つもあったものの、今日も充実した一日でした。お付き合頂いた大先輩に感謝!
[PR]
by kyo_ekaki | 2012-04-27 20:00

21世紀展会員・藤田輝二TV出演

2012年4月19日(木)20時~21時 4ch 日テレ BSの「ぶらり途中下車の旅」に、絵描きとして出演、放送されますので、ぜひ見てあげてください。本人も、私もBSは見れなくて誠に残念!。
3月1日、藤田さんが西本願寺門前町でスケッチしていた所、日テレのご自身も絵を描くというディレクターと出会い、「この方はタダモノでは無い!」と感じたディレクターに出演を依頼されたのだと3月31日に藤田輝二さんから私宅に連絡が入りました。
21世紀展会の仲間が、こんな風に認められてTVに出演出来るなんて、なんと嬉しい事でしょう!。
日常、切磋琢磨されている姿勢や努力がこうしためぐり合わせになるのでしょう。
我が事のように有頂天になったステキな一期一会でした。
見られた方は、一言でも感想をこのブログに投稿してね!。
[PR]
by kyo_ekaki | 2012-04-10 15:09

油彩で桜を描く!!

私福山雅子は、洋画家ですが日本画の題材が多く、油彩で表現します。
近年、京都でも洋風化した日本家屋が多く、純和風な床の間や壁塗りした平面が少なく、床はジュータンを敷いてイス式という部屋が多くなっています。
私はそうした和モダンな部屋にマッチする洋画をめざして描いています。
私の題材の内人物では、舞妓・白河女(皇居にお花を献上したり、頭の上に花かごを載せて町なかを
売り歩いたといわれる)・能舞いが多いです。
風景は、日本・フランス・スペインがあります。
静物も描きます。
さて、春なので桜を描きに行きましょう!。
私が桜をえがくときは、花が咲かない前に枝ぶりの良い角度を選んで木の枝をスケッチしてきます。
芯にきっちり枝ぶりを描かないと、”中身を感じられない着衣人物”と同じになるからです。
3月29日、春うららの中 醍醐寺のしだれ桜と 山科川沿い堤防の桜を教室生とスケッチにゆきました。  つぼみはふっくらしていますが、開花はまだ一週間は先でしょう。枝ぶりを描くなら今の内ですよ。
e0253267_9245038.jpg

開花する一週間前までにして置く作業があります。スケッチブックの絵をキャンバスに構図よく配置しますが、その前に時間があれば下塗りをして一度乾かします。下地の色は描くところにより変えます。例えば今回は、醍醐寺の枝垂桜ですので、白壁と草むらの下に赤を塗っておきます。
すると白壁は、暖かいぬくもりを感じさせますし、虫が潜んでいるような生き生きとした草むらになります。
e0253267_9154261.jpg


次は、赤が完全に乾いてから行います。
桜の隙間から見える空や山・木立などパステルカラーで下地を創っておきます。
桜の木と枝振りを描いて乾かします。
時間の無い方は、ペトロールを溶き油に使用すると早く乾きます。ただし、上塗りには向きません。
e0253267_9164381.jpg

花が咲いたら現場で花を描きます
まるで、「枯れ木に花を咲かせましょう」といった具合に、花咲かじいさんならぬ花咲きばあさんです。これが又楽しい作業です。
一本の木に、色で遠近をつけて塗りわけ立体に仕上げるのがコツ。
これで、90パーセント出来上がり。あとは、光陰を付けたり作者の狙い・意図が表現出来れば完成です。
e0253267_9175880.jpg

 

      
[PR]
by kyo_ekaki | 2012-04-03 12:08


京都の油絵作家


by kyo_ekaki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
プロフィール
21世紀展会の画友達・南幸子編
21世紀展会の画友・研義治編
辰年あけましておめでとう
第12回21世紀展作品集
未分類

以前の記事

2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月

最新の記事

2013年 巳年 あけまして..
at 2013-01-06 17:36
21世紀展の画友達・西田勝美編
at 2012-11-30 16:50
21世紀展会の画友達・溝辺行雄編
at 2012-10-15 11:00
第36回大王会展ご案内
at 2012-07-29 15:34
21世紀展会の画友達・東郷健編
at 2012-07-08 11:27

フォロー中のブログ

おやつのはなし☆京都丹波...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
ブログ

画像一覧